スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
Buzzの足。
土曜日は。
070331_1822~0001.jpg
B「その猫さんより僕ちんをチヤホヤしてくださいッス(切実)」
鈴は大嫌いBuzzは大好き・・・の病院へ~。

070331_1818~0002.jpg
鈴「なんてこった!なのです。」

この日も鈴は、病院に入るなり待合い室のソファに潜り込み出てこない・・・(呆)。
Buzzは自分の番でもないのに、診察室の女医さんや看護士のお姉さんに
チヤホヤされたくて突進・暴れる・・・(呆)。
本当に・・・もう(笑)。

この日はBuzzのワクチン接種と、以前からずーっと気になっていたBuzzの後ろ足について相談しに行きました。
だから鈴はそんなに怯えなくても良いんだけども~。
(鈴のワクチン接種月を勘違いしてたんですー。ちっと早かった。笑)

早速、先生に以前から気になっていたことをお話しました。

①抱っこする時などに足の付け根(股関節)がコキコキする。
②走るときに足から体全体にかけて、左側に流れる。
③時々、左足に違和感(足が地にしっかりと付いていない)を感じる。


以上の3点と一週間前に、急にBuzzが左足をピョンっと上げてジャンプする感じで歩いたことも説明しました。

まずは触診。左足が少しコキコキとなることを先生も確認。どうやら右もコキコキなるらしく・・・。
レントゲンを撮ってもらうことにしました。
070331_1831~0001.jpg

その結果。
Buzzの左右の股関節が常に外れかけている状態である「股関節亜脱臼」ということがわかりました。

070331_1832~0001.jpg
レントゲンを見てもハッキリとわかるように、ほとんど関節がはまっていない状態でした。
左の方は三分の一も、はまっていないとのことです。
この状態でも、支障なく歩いたり走っていたり出来ているBuzzですが後ろ足の筋肉のお陰だそうです。

Buzzの場合、特に痛みなどの苦痛は感じていないので、外科的な治療などはいらないそうです。
☆足の筋肉を落とさないように。散歩は「土や芝生」の上で適度に。
☆関節に良い「コンドロイチン・グルコサミン」のサプリを与える。
☆階段の昇降や坂道(特に降りる)を控える。
☆フローリングのように滑る場所は歩かせない。
☆激しい運動、足腰への衝撃のある遊びなどをさせない。

という日常的なケアをしていき、今後痛みを出させないことが必要とのことでした。

確かにフレンチ・ブルドッグには多い症状であることは知っていました。
きっとBuzzもそうなのかもしれない・・・と覚悟はしていました。
でも流石にショックでした。もっと早くレントゲンを撮って見つけてあげたかったなぁと。
以前から、足腰への負担は気を付けていたけれどこれを機会にもっともっと飼い主として勉強してBuzzの為に出来ることを色々としていってあげたい!!

Buzzは走るのが大好きです。
大きな体をコンパクトに丸めて抱っこされるのも。
鈴にガウガウされて(笑)ひっくり返ってワフワフ喜んで
体をクネクネさせて喜んだりして遊ぶのも。
そんなバカっぽいけど楽しそうな幸せそうなBuzzの姿を
ずっとずっといつまでも見ていたいなぁと心から思うので、
毎日の生活の中で少しでもBuzzの足に良いことはしてあげたい。
そう心に決めたパパママでした。
スポンサーサイト
[ 2007/04/02 22:51 ]

病気・通院 | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<頼みますよぉ。。。 | ホーム | 胎教・・・??>>
コメント
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] [ 2007/04/04 00:10 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://rintobuzz.blog46.fc2.com/tb.php/40-de722bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。